スタイルアリーナは一般財団法人日本ファッション協会が運営しています。

2016.10.04

コラムVol.33『チョーカー第3弾』

  • Category FASHION

 

チョーカー旋風

 

 style-arenaコラムで度々紹介してきた“チョーカー”。リバイバルした「タトゥーチョーカー」から一気に火が付き、今年の夏は細い紐を首に巻きつけた「ストリングチョーカー」がストリートを席巻。そして現在勢力拡大中なのが、ベルトほど幅がある「太チョーカー」だ。

 

                 

 

主役級のインパクト

 

 「ストリングチョーカー」はさりげなくコーデにアクセントをもたらす補佐の役割を担っていたが、新たに注目された「太チョーカー」は主役級の存在感。下記の女性は全体をブラックカラーでまとめているが、アクセントとしてネイビーのチョーカーを取り入れ、コーデの魅力をアップさせている。季節感をプラスしたい人はこのようにベロアや、レザーのものをチョイスすると良いだろう。

 

                 

 

チョーカートップス

 

 トレンド真っただ中である「オフショルトップス」との相性も抜群で、今秋の“黄金ペア”だ。チョーカーがあることにより、デコルテや肩のラインをセクシーに演出できるメリットがある。また、下記画像のようにチョーカー付きのトップス(首の後ろ側で繋がっている)も今年は展開され、今までなかった斬新なデザインに注目が集まっている。汗をかく時期のネックレスはかぶれるから苦手、という人にも最適なトップスだ。

 

 

 もう少し肌寒くなったらタートルネックの上に重ねるなど、楽しみ方もいろいろ。今後、太チョーカーの虜になる人は確実に増えていくだろう。

 

コンテンツをロード中