スタイルアリーナは一般財団法人日本ファッション協会が運営しています。

2016.04.28

コラムVol.12『心も足元もフラットに』

  • Category FASHION

 

春の装いにフラットシューズ

 

 春が訪れ、気分も軽くなったのか、近頃のストリートの足元は「フラットシューズ」率がじわじわと上がっている。先端のまるいフォルムとコンパクトさに愛らしさが感じられ、その魅力に引き込まれる女子たちが増えているのだ。

 

          

 

長く愛される2大老舗ブランド

 

 フラットシューズ (バレエシューズ)専門ブランドとして改めて注目されているのが、「PORSELLI(ポルセリ)」と「repetto(レペット)」。共にヨーロッパ発祥のブランドで、バレリーナ達のためにハンドメイドで製作された靴からは、どれもこだわりや愛らしさが感じられる。使用されている素材やカラーバリエーションも豊富で、自分好みの一足を見つけられるだろう。ハンドメイドというだけあって値は張るが、履き心地は保証されている。PORSELLIに関しては「A.P.C.」とのコラボにより、リーズナブルなものも発売された。

 

      

 

白靴下でクラシカルさを

 

 ストリートでは主に代官山と表参道での着用率が高く、その際に選ばれていたボトムはパンツ100%。フラットシューズの可愛らしさを、パンツでピリッと引き締めるのが着こなしのポイントのようだ。白靴下を合わせている人を多く見たが、これはクラシック感をアップさせ、辛口コーデをマイルドにする効果が期待できる。自身のスタイルにひと癖欲しい時に試したいテクニックだ。もちろん、フレアスカートなどに合わせて女子らしく着るのもアリ。ただ、その際はライダースジャケットなど、辛口アイテムを合わせると上手くバランスが取れるだろう。

 

          

 

自分好みの一足を

 

 様々なブランドから出されているフラットシューズなだけに、先述した形やカラーバリエーション、値段も様々である。無印良品やGAPからは更に手頃なものが発売され、SNSで話題となり完売する店舗が続出した程だ。その日の気分にあわせてカラーを変えたい人はぜひチェックしてみて欲しい。逆に、ハイブランドの「Maison Margiela(メゾンマルジェラ)」からはブランドの象徴ともいえる“足袋シューズ”のフラットタイプが毎シーズン定番アイテムとして発売されている。PORSELLIやrepettoよりも価格はグンと上がってしまうが、毎年確実にファンを増やしているフラットシューズ界の大御所といっても過言ではない。

 

 

 いかがだろうか。歩きやすさに特化したフラットシューズ。お散歩シーズン真っただ中の今、確実にゲットしてほしい一足である。

コンテンツをロード中
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21