スタイルアリーナは一般財団法人日本ファッション協会が運営しています。

『いちご・イチゴ・苺のショートケーキ』">

2017.01.27

"Food Analyst CHIHARU Selection"
『いちご・イチゴ・苺のショートケーキ』

  • Category GOURMET

 

 

 2017年最初の“Food Analyst CHIHARU Selection”のピックアップ食は「いちごのショートケーキ」です。

1月の中旬あたりから街のあちらこちらのホテルや飲食店などで「いちごフェア」をかなり目にするようになりますよね。

実際に日本国内の苺農家のほとんどは、12月のクリスマスケーキ用苺の出荷時期から、本格的な繁忙期がはじまり、2月位まで続きます。

そもそも苺の本当の旬(本来の露地物)は、3月~4月頃。その時期の露地物苺は安価で、しかも甘さが強く、とても美味。

ですが、その色や形、味、香り、そしてイメージの良さから苺は年中大人気。そして、1月の“新春”や“迎春”などという日本の伝統的季語と本来の旬である〝春〟をイメージする苺の色や甘酸っぱさ、季節感を先取りする気分になれるという感覚が消費者から生まれ、いちごを早くから食べたいというニーズに応える形でハウス栽培の技術向上や品種改良に全力を注ぎ、今では苺のほとんどを促成栽培のものが食べられています。

最近では、真夏に採れる「サマープリンセス」や「すずあかね」「なつみずき」などの品種も登場。夏場は輸入物に頼っていた苺も、国産で美味しく品質の高い苺が手に入るようになってきそうです。

 

 さて!“ショートケーキ”って、実は欧米にはなく、日本独自に発展したケーキだということはご存知?

実際にアメリカやイギリスにも“ショートケーキ(shortcake)”と呼ばれているお菓子はあるのですが、日本人がイメージする“ショートケーキ”とはかなりの別ものなです。

アメリカやイギリスでの“ショートケーキ”は、スポンジ生地ではなく、小麦粉の生地にショートニングやラードを加え、重曹とベーキングパウダーで膨らませた、外側はサクサク、内側はふっくらとした「ビスケット」土台にして生クリームと苺をサンドしたもの。

また、フランス菓子の“ショートケーキ”的存在は、「フレジエ(Fraisier、フランス語でイチゴの意)」であり、スポンジには、アーモンドペーストが使われしっとりとしている。外側にはクリームやバタークリーム、またクレーム・ムースリーヌなどが使われ、中には苺がはさみ込まれているもので、伝統的なスタイルの「フレジエ」は、薄いマジパンで表面を覆われたものが一般的なようです。

発案者については諸説あり、大正11年に「不二家」のケーキ職人が考案したとされる説が有力ではあるそうですが、正確な情報はなく、広く日本国民に“ショートケーキ”が愛され広まったのも冷蔵庫などが一般家庭に普及した昭和30年代以降だとか。

 

 今回は、商品の呼称が店舗毎に違いますが、上記の内容を踏まえたうえで、あえて日本スタイルの呼称を使わせていただき、これから益々美味しくなる、私達に馴染みあるおススメ“いちごのショートケーキ”(いちごのケーキ)をご紹介。

ちなみに毎月22日は、ショートケーキの日(カレンダーの22日の真上の数字が15〈イチゴ〉だから)だそうです。

 

 

 

【 エーグルドゥース 】
( 東京都新宿区下落合3-22-13 )

 

 2004年2月7日オープンして以来、常に多くのお客様が寺井則彦シェフのスウィーツを求めて行列をなす人気フランス菓子店。
「Aigre-Douce (エーグルドゥース)」という店名の由来は、「甘さと酸っぱさが両方」という意味から来ているそうですが、「柔らかいようで刺を含んだ」という意味も含まれているのだとか。
店舗は、外観からしてフランスの香り漂うお洒落でシックな空間。店内には、大理石をあしらった高級感あるショーケースがあり、棚にもフランスらしい装飾やアンティーク小物が、そこかしこに飾られています。
ひと口にして、シェフの凄まじい実力、そして魅力を感じとれる名店です。
 

   

   

 

 

《シャンティ・フレーズ》 1個490円
生地は3層、苺は2段と幾重にも美しく重ねられているので、とても柔らかく持ち帰る際には細心の注意が必要で、一度食べると忘れられない食感。
持ち帰りが心配な方は併設されたカフェで食べる事も可能。

 

 

 

魅力的なケーキが並ぶ中でも可愛さ満点!

 
 

 

【 スウィーツガーデン ユウジ アジキ 】
( 神奈川県横浜市都筑区北山田2-1-11 )

 

 2010年5月に「SWEETS garden YUJI AJIKI」をオープン。
ヨーロッパ菓子の文化や伝統に敬意をはらいつつ、日本人ならではの味覚を大切に日本独自の洋菓子文化も尊重しながら両者を融合し、更なる進化をどう遂げさせるかをテーマとしている安食雄二シェフ。
こちらの店舗も曜日に関係なく、毎日多くのお客様が詰めかける人気店。
ショーケースには、様々なケーキ達がずらりと並び、クマやウサギのキャラクターケーキなどは、大人も買いたくなる様な抜群のセンスで安食流のケーキを作り上げていますが、勿論、シブストやタルト・シトロンのようなヨーロッパの伝統菓子もラインアップされています。
お店を訪問すれば、きっと一目で、安食ワールドに誘われることでしょう。

 

   

 

 

《フレジェ》 1個530円
那須高原の指定養鶏所から届く産みたて卵で作った
スポンジと上質な生クリームが間違いない美味しさ。

 

 

 

 

 

 

老若男女、家族全員で楽しめるケーキの王様のいでたち。

 

 

 

【フレンチパウンドハウス】
( 東京都豊島区巣鴨1-4-4 )
 

 

 1986年オープン、巣鴨駅南口から4分程の閑静な住宅街にある“ショートケーキ”が話題となった店。
オーナーパティシエは江口潤一郎シェフ、そしてこちらのショートケーキを一躍有名にした立役者として知られる菅原召二シェフは、現在、所沢のパティスリータルトレットのオーナーシェフに就任されていますが、スペシャリテ2種類のショートケーキ、《ブラン》と《ルージュ》は健在。
シーズナルメニューとなるメロンのショートケーキも美味で、店内にはカフェも併設されているので、ふらりと立ち寄りたくなる味わいある名店。

 

   

 

 

2つとも人気の苺を使ったケーキだが、左が《ブラン》右が《ルージュ》と並べてみると、ほんの少しサイズが違うように感じる。

 

 

 

《ブラン》 1個585円(税別)

沢山の苺や良質の生クリームとスポンジ生地には苺の果汁を含ませたノンアルコール商品。

 

 

 

《ルージュ》 1個585円(税別)

苺果汁を加えたメレンゲを生クリームと合わせ、苺のお酒やキルシュを使った大人の“いちごショートケーキ”

 

(―社)日本フードアナリスト協会 認定講師 1級フードアナリスト

齊藤 千晴

Chiharu Saito

日本全国の市町村で食材探しや、世界70都市以上での食べ歩きにより、訪問した飲食店は1万件超。
数多くの食文化大使も務め、TV番組「いきなり!黄金伝説。」の食企画では複数の企画を担当し、情報提供やコメンテーターとして出演中。
その他、月刊誌のライター、コラムの執筆、Webマガジン連載、大手企業へのレシピ提案、ジャパンフードセレクション審査員、イベントトークショーへの出演等、幅広く活動する食の情報の専門家。

コンテンツをロード中