スタイルアリーナは一般財団法人日本ファッション協会が運営しています。

2016.10.16

コラムVol.35『ファーの多様性と“存在力”』

  • Category FASHION

 

ファーの当たり年

 

 今年のストリートでは夏でもファーサンダルを見かけるようになった。涼しくなった9月末頃からは本格的にファーのクラッチバッグ等も増えてきている。秋冬の装いには定番のファーアイテムだが、様々なアイテムに大胆に取り入れられ、今年は“当たり年”といえるだろう。

 

                  

 

 

ブームのきっかけ

 

 ファーブームの火付け役は「GUCCI」の2016 A/Wコレクションで発表された“ファー付きバブーシュ”である。バブーシュとは元々、踵を踏んだようなデザインのモロッコの伝統的な革の履物。現代のシティーファッションからすると、抜け感を表現できるアイテムだ。バブーシュ自体も今季のトレンドだが、靴の内側にファーをあしらったGUCCIの斬新なデザインはファッショニスタから一気に注目を集めた。

 

 

今年流の使い方

 

 今年はクラッチバッグ、サンダル、革靴、ベストなど多様なアイテムが展開され、存在感を示している。今年はやや毛足の長いファーが主流で主張が強いため、靴やカバンの小物に用いるのがベターだ。ベストに使用する場合は他アイテムを極力シンプルに抑えて、派手になり過ぎないようにするのがポイントだ。色はやはり合わせやすい黒、ベージュ、グレーが人気。

 

                 

 

 一見難易度の高そうなアイテムだが、ファーのボリュームや取り入れる面積に注意すれば、どんなスタイルにも難なく合わせられる。地味になりがちな秋冬ファッションのアクセントとしてファーアイテムは大活躍するだろう。

コンテンツをロード中